1. HOME
  2. コラム
  3. WEB担当者の記事外注業者の選び方

WEB担当者の記事外注業者の選び方

クリエイティブイメージ

自社ホームページやオウンドメディアなどで大量の記事が必要になったとき、記事制作会社などに外注すると、良質な記事が短期間で出来上がるため効率的です。しかし、記事制作会社は数多くあり、企業のWEB担当者はどの記事作成会社に依頼すべきか迷いがちです。

この記事では、コンテンツ制作のために外注する際、どの記事制作会社に発注するとよいのか、そのチェックポイントを解説します。

ライターの在籍状況は?

 一つ目のポイントは記事作成会社に在籍しているライターの状況です。在籍しているライターの数が多ければ多いほど、適切なライターに手早く記事案件を割り振れるので、発注した記事の納期も短くなるでしょう。ただし、数が多いからといって必ずしもライターの質が担保されるわけではありません。

依頼したい記事が専門的な内容だったり、想定する読者が特定の業界・職種だったりする場合は、ライターの数よりも質が求められます。記事の品質に自信のある記事作成会社では、採用の段階で厳しくスキルを見極めてからライターを選定しています。

在籍ライターの顔とプロフィールを公開している記事作成会社は、それだけ優秀なライターを抱えている証拠だと言えるでしょう。

記事作成代行はお任せください!

料金システムやサービス内容が明確

ホームページの料金システムやサービス内容が明確かどうかも一つのポイントです。新しく企業のWEB担当者になると、コンテンツ制作に関してどのような作業が必要になるかが具体的にわからないことがあります。記事制作を発注するにしても、記事作成会社に相談する段階で、発注したい業務内容をある程度整理しておく必要があるのです。

そこで、記事作成に関しての料金システムやサービス内容が事細かに書かれているホームページの会社であれば、コンテンツマーケティングなどのイメージが湧かないWEB担当者でも、どういう作業が必要になるのかがわかります。

WEB制作では、ライティングだけではなくプランニングの段階からプロフェッショナルな経験が必要です。一通りの作業を一貫してサポートできる会社であれば、部分的な作業の依頼からすべての作業の丸投げまで、予算に応じて対応してもらえます。

記事制作会社のホームページを判断材料に

WEBサイトの制作を謳っている会社である以上、自社のホームページがそこの記事制作会社のポートフォリオ(仕事例)であると考えていいでしょう。記事制作会社としても、自社ホームページやオウンドメディアはクライアントへ向けた見本であり看板ともなるので、必ず力を入れています。見た目のデザインはもちろんですが、ホームページ全体の構成をしっかり見てみましょう。顧客目線のつくりになっているかも注意深く観察してください。

文章力も大事なチェックポイントです。

・読みやすい構成になっているか

・魅力的な見出し設定になっているか

・文法、トンマナ、表記統一は正確か

・誤字脱字はないか

・疑わしい情報を引用していないか などなど。

抱えているライターの力量もさることながら、編集者のレベルも測ることができます。

まとめ

数多くの記事制作会社の中から、どの会社に発注すべきかの幾つかの選定ポイントを解説しました。多数のライターを抱えている会社であれば、それだけ多くの記事数を短期間にこなせるでしょうし、ライターの質を重視して採用している会社であれば、専門性の高い記事やクオリティ重視の記事を発注できるでしょう。

まずは記事制作会社のホームページをチェックしてみましょう。記事制作会社にとって、ホームページやオウンドメディアは見本市のようなものです。そこで記事の品質を確認し、発注したい内容と照らし合わせてみると、どこに頼むべきかが見えてくるはずです。

記事作成会社のダリコーポレーションでは、厳しい書類選考により信頼のおけるライターのみを採用しています。専門的知識や高いリサーチ能力を有したライターを抱えており、クオリティとスピードを兼ね備えた記事制作を行っております。

当社在籍のライターとホームページのコンテンツ記事も参考に、貴社が進めるWEB制作についてご相談ください。

 

編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。